卒業生の体験談

★事業所選びのコツはコチラ

※個人情報に配慮して、一部イニシャル(匿名)、写真はイメージ画像を利用しています。

 

T・Sさん (女性) 40代 統合失調症

大手生命保険会社退職後、花屋での起業を考え職を転々としていた時期がありました。それも、結婚を機に安定した職に就くようになりました。ただ、家庭内のいざこざから精神疾患を患い離職してなかなか働くことができなくなっていました。

そんな時、トレパルをwebで見つけ利用を開始して7カ月で物流倉庫に就職、その後転職のサポートも受けて今も働いています。

 

H・Yさん (女性) 30代 聴覚障害・知的障害

都内の養護学校(現特別支援学校)を卒業後、運送会社や大手企業の清掃部門で働いていました。どうしても職場の人間関係がうまくいかず支援機関の紹介でトレパルの利用を開始しました。自身がやりたいと思ったことにどんどんチャレンジさせてもらえたことで大手スパの実習を受けた際にここで働きたいと希望を伝えたら、その実現のためにスタッフが企業様に交渉してくれました。利用期間は1年一か月でした。

その後、コロナ渦により離職しましたが転職活動でも協力いただき、今でも楽しく働いています。

 

S・Aさん (女性) 30代 知的障害

子育てしながら働くことがなかなかできず、他の支援機関では倉庫内作業を強く勧められてしまい、嫌になってトレパルに来ることになりました。ここでは、昔からあこがれていたネイル関係やショップの店員への希望をしっかりと聞いてくれてネイルサロンの実習をやらせてもらえました。そして、あこがれのショップ店員の一般求人に挑戦しました。

はじめは、週3日の3時間程度だったのが、ショップの皆さんのサポートもあり今ではフルタイムで遅番まで任せてもらえるまでできるようになりました。トレパル利用期間は8カ月でした。とても感謝しています。

 

★事業所選びのコツはコチラ

 

M・Yさん (男性) 50代 脳梗塞による身体障害

脳梗塞で倒れてから都内の機能回復訓練をしていたが、家のローンや家族を支えるために何でもいいから働きたい、働かせてほしいと思いトレパルを利用開始しました。

高齢のためなかなか就職活動は大変だと覚悟していたので雇ってもらえるところであればどこでも挑戦しました。冬の時期は左半身の麻痺の部分が固くなり痛みも伴い大変だったが利用開始後1年一か月で病院の清掃業務に就くことができました。同僚の若い知的障害の人ともうまく関係を気づき定着支援でもサポートを受けて働き続けています。

 

U・Yさん (男性) 40代 双極性障害

長年介護の業界で働いていてとても好きな仕事だったが、施設長としてのハードワークから心身が不調になり精神疾患を患いました。また、介護の業界に戻りたいと思い実習を経験しましたが、どうしても高齢者の命に係わる仕事という責任感から対無理をしてしまい続けられそうにないと自身で判断しました。デイサービスにも実習に行きましたがハードルが高く感じたためスタッフの方と相談し、介護施設の清掃業務に決めて今でも働いています。利用期間はちょうど1年でした。定着支援は利用せずに困った時だけ連絡することにしています。

 

K・Yさん (男性) 50代 高次脳機能障害

もともと公務員としてバリバリ働いていましたが脳梗塞を起こし入院。それから今まで好きだった趣味、釣りやプラモデルなどに一切興味がなくなってしまいました。

働くということもまだ家族を養わないといけないという気持ちからです。

介1年3ヶ月で介護施設の環境整備の仕事に3年ほど勤めることができました。業務の手順を覚えることが苦手でしたが手順書をスタッフさんが作成してくれて働き続けられるようサポートしてくれました。とても有り難かったです。

 

I・Yさん (男性) 40代 知的障害

埼玉県の当時養護学校(現特別支援学校)を卒業後、障害を明かさずに職を転々としていました。支援機関の方からトレパルを紹介いただき作業プログラムを中心に取り組んでいきました。クリーニング屋さんの実習でそこで働きたいと思い、企業様の計らいで何カ月も実習を経験し働かせてもらうことになりました。その後、事業により転職することになりましたが今も定着支援でサポート受けています。利用期間はコロナ渦まっただなかだったので2年2ヶ月でした。

 

S・Dさん (男性) 30代 てんかん

ある企業で働いていた時に、ほとんど休みが取れず精神的にも不調をきたしたため、支援機関の方からトレパルを紹介いただきました。自分のやりたいことで働けるようになりたいと思うようになり、利用期間10ヶ月で見学や実習を行い製造業につくことができました。コツコツ作業でしたが自分には合っていると思います。定着支援でもサポートを受けています。

 

K・Yさん (男性) 40代 うつ病 広汎性発達障害

事務補助の仕事をずっと続けてきたが離職からブランクがあり、市の紹介でトレパルを利用開始しました。特に自分ではやりたいことがなかなか見つからずまるまる2年を使ってやりたいことを探していきました。結果、社会福祉協議会の事務職で採用してもらうことができ今も楽しく働いています。定着支援も途中まで利用していましたが自身で問題なく働ける自信があるため今は利用していません。たまにスタッフの方が職場に顔を出してくれる程度です。今の仕事にとても満足しています。

★事業所選びのコツはコチラ

 

N・Yさん (女性) 40代 高次脳機能障害

今までどの仕事をやっても長続きせずに辞めてしまっていたが、親も高齢になり子供の将来のことも考えると働かなくてはいけないと強く思うようになりました。物忘れが多いのでメモとスマホ両方を使って日々の流れを覚えていきました。急な予定や病院の時に連絡を忘れることがありましたが、丁寧にサポートいただきやりたかった児童支援の仕事に就くことができました。利用期間1年3ヶ月でした。定着支援では子供の不登校について主に相談に乗ってもらっています。

 

N・Rさん (男性) 20代 発達障害

ほんとは福祉サービスのお世話にはなりたくなかったが、サポートを受けた方が自身のやりたい仕事に早くつけると思い3ヶ月で就職を目標にして利用を決めました。とにかく体を動かして働きたいので物流倉庫の実習なども経験させてもらいました。

結果的には、利用期間4ヶ月であこがれていた造園業に就くことができとても満足しています。

 

M・Mさん (男性) 40代 統合失調症

就労継続支援A型事業所に通っていましたが、企業就労を目指してトレパルに行くことにしました。物流倉庫の仕事にあこがれていてフォークリフトにも興味があったからです。

利用期間は11カ月で大手物流倉庫の障害者雇用で勤めることができました。

 

N・Hさん (男性) 20代 発達障害

今までアルバイトを含め働いたことがありませんでしたが、IT企業への就職を目指していました。トレパルでのプログラムや作業をしていく中で物流倉庫作業にも興味が湧いてきたため、そのまま物流倉庫で働くために実習を何回かに分けて数か月やらせてもらい見事に就職することができました。1年11カ月利用していました。

 

Y・Hさん (女性) 30代 うつ病

接客業にずっと憧れがあったため企業選びも接客の仕事をずっと探していました。

企業見学や実習はもちろんですが、面接にもスタッフが同行してくれたおかげで安心していつも通りの自分で希望を伝えることができ、見事に面接に合格、品出し等がメインですが今の働き高にとても満足しています。

 

T・Tさん (男性) 40代 身体障害

脳梗塞により体の半身に麻痺が残っていますが、どうしても働きたい思いが強く支援機関の紹介でトレパルを利用することにしました。通所して良かった点は仲間が増えたこととと、やっぱり仕事に就くことができたことです。利用して8カ月で建材の品出し業務で働くことができました。店長が変わることもありましたが定着支援によりサポートしてくれていて安心して働くことが出来ています。これからもよろしくお願いします。

 

K・Cさん (男性) 50代 精神疾患・失語症

支援機関よりトレパルを紹介されて利用を開始、通所していくうちにコミュニケーションが円滑に撮れるようになり自身の働く希望も伝えられるようになった。利用期間とも連携しつつハローワークの求人で企業の清掃業務に実習からスタート。企業担当の方ととても気が合いここで働いていきたいと思うようになった。利用期間10ヶ月で今の月に一度定着支援を利用して企業担当の方交えて3者面談をしてもらい、相互の行き違いもほとんどなくやりがいを持って仕事に取り組むことができています。

 

K・Sさん (女性) 40代 知的障害

どんな仕事が向いているか分からずとにかく支援を受ける必要を感じてトレパルを利用しました。通所している人たちとの交流が広がったことはとても楽しいですし、7ケ月で就職が決まりました。清掃業務の仕事です。

まさかこんなに早く就職できるとは思ってもいませんでした。

 

Y・Sさん (男性) 30代 うつ病

もともと働けるが企業へ配慮をお願いすることが難しく、大勢の職場だと幻聴も聞こえる状況でした。トレパルを支援機関の方に紹介いただき、企業就職を目指し毎日通所しました。良かったのは自身で考えて動けるようになっていたことと、希望だった事務職に就職が決まったことです。利用期間は1年5ヶ月です。物流センターなどの実習や体験もやってみましたがPC入力ができるのでそれを活かした仕事にこだわり探していました。

定着支援にも入ってもらい、近々ステップアップの為転職活動も視野に入れています。

 

T・Sさん (男性) 50代 高次脳機能障害

脳梗塞により失語症があります。体力はあるので体を動かす仕事をバリバリやりたいと思っていましたが、就職活動をしていてもなかなか決まりませんでした。そこでHPでトレパルを知り利用しました。自身の伝えたいことを丁寧に聞いてもらえたので就職活動までとてもスムーズでした。利用開始して3ヶ月で病院の清掃、ベットメイキングの業務に就くことができました。働きだしてからもどんどん言葉が出るようになり、もっともっと働きたいと思うようになりました。病院にはまだ言っていませんが、いい仕事があれば転職も視野に入れていると定着支援の時にスタッフさんに話しています。

 

K・Yさん (男性) 50代 うつ病

もともと就労継続支援B型事業所に通っていましたが、事業所の紹介でトレパルを利用することにしました。週3日から徐々に週5日安定して通所できるようになり、介護施設の清掃業務に就職することができました。休みが不規則で大変ですが定着支援やメールで話を聞いてもらい気持ちを安定させることができ今も働いています。利用して丁度1年で就職することができました。これからも定着支援を利用していきたいと思います。

 

M・Sさん (男性) 40代 統合失調感情障害

製造業で働いているが休職中、このままでは会社にいられなくなると思いトレパルを利用して復職支援をうけることにしました。ちょうどフォークリフト技能講習のキャンペーンもやっていたので技能講習を無料で受けて休みなく通所していきました。4ヶ月の通所でしたがここでの実績が会社でも評価され無事に復職することができました。

今は訪問看護を利用して安定して働いています。

 

O・Kさん (男性) 30代 発達障害

今まで製造業で働いていたが退職。支援機関の紹介でトレパルを利用開始。利用期間は9カ月早い段階で就職活動に取り掛かりましたが不採用が何社も続きました。それでも根気よく毎回の面接にスタッフさんが同席してくれて事務補助の仕事、主にPCの入力の特例子会社で採用が決まりました。はじめはパート勤務でしたが入社して3ヶ月でフルタイム勤務となり昇給もしています。今の自分があるのもトレパルのスタッフのおかげです。土曜日に卒業生体験談としてたまに話に行ったりもしています。自身が経験したことで誰かの役に立てるなら少しでもお手伝いしたいと思っています。

 

I・Kさん (女性) 40代 うつ病

若い時から水商売をやっていたり、客商売が長かったです。支援機関の進めでトレパル利用開始しました。これまで働いてきて精神不調を起こしてしまったので一旦障害者雇用で安定して働いてから一般求人へチャレンジしようと思っています。通所を通して自身の性格も落ち着いたので3ヶ月ほどで自身の状態もだいぶ落ち着いたので就職活動を開始してホテルの清掃業務に障害者枠で採用され順調に働いています。息子と母親の生活もあるため次のステップは一般求人で働くことです。

 

★事業所選びのコツはコチラ